介護付有料老人ホームの入居で必要となる費用について

###Site Name###

介護付有料老人ホームの費用に関しては、一般的には初期費用と月額費用があり、入居者の希望によってその金額も異なってきます。

介護付有料老人ホームは、その数も多く、サービス内容においてもそれぞれの施設によって違いがありますが、料金面としては、初期費用となる入居一時金、月額費用としては介護サービス費とその他の生活費が必要になります。


但し、介護サービス費においては入居者の要介護によって異なり、要介護度が高くなるほど高く設定されることなります。

例えば、1例として介護専用型の施設を要介護3の人が利用した場合には、国自治体の負担として、サービス費では204、309円、サービス加算では14、103円となり、自己負担金としてはサービス費22、701円、サービス加算1、567円となっています。



その他の生活費として居住費68、000円、食費55、000円、管理費や健康管理などその他費用として51、000円となり、概ね、実費として月に200、000円弱の費用がかかることになります。

Girls Channel情報は見逃せません。

介護付有料老人ホームの入居では、最も高額となるものとして入居一時金があり、施設によって数百万円から数千万円などと大きな違いがあります。



入居一時金は、老人ホームで一生涯暮らす権利を得るために支払う前払い家賃のことを指し、支払うことで入居中における家賃は無料となります。
施設への入居に関しては他の方法を用いている場合もありますが、ここでは、サービスや生活に必要となる実費の他に、家賃を支払うことになります。