img-1

買取をしてもらえない厨房機器

厨房機器は新品だと非常に高額なものであるだけに、処分する際には買取に出すことで有効活用しようとする人が多くいます。



実際のところ厨房機器は様々な業種で使用することができる機器の一つであるため、たとえ買取に出された中古の厨房機器であったとしても需要があることはまちがいありません。



ですがそうした中でも買取の対象外になってしまう商品もあります。ではどういった商品が対象外になりやすいのかというと、まず製造から年数が経過しているものは断られる可能性があります。



目安としては製造から8〜9年ほどとされており、製造されてからこれ以上の年数が経過してしまっているようだと、買取はかなり難しくなり、もし買い取ってもらえたとしても価格はかなり安くなると考えておく必要があります。



また同様に断られやすいのが付属品が欠けていたり、傷が付いているなどで商品のコンディションが著しく悪いものです。



実際の判断についてはそれぞれの業者によって異なりますが、例えば既に冷蔵機能を失っている冷蔵庫や、内部に水垢がこびりついて落とすことができなくなっている製氷機などに関しては、かなり厳しい結果となってしまいます。



ただ製造されてからの年数がさほど経過していないのであれば買い取ってもらえることもありますので、この場合はまず査定をしてもらうようにするとよいでしょう。



また状態が良くとも、先に厨房機器を搬入してから店内レイアウトを完成させたなどの理由で搬出が出来ない状態にあるものも買取対象外とされることがありますから、こうしたこともチェックしておきましょう。



関連リンク

img-2

医療レーザー脱毛の注意点

医療レーザー脱毛は効果の高い施術となりますが、エステサロンの施術と比較しても痛みが強いのが特徴となります。効果が強い分だけ痛みも強くなってしまうのが基本ですが、最近では痛みを和らげる機能を持った脱毛機器が登場しているため、以前に比べても楽に施術が受けられるようになっています。...

more
img-3

レーザー脱毛の効果の高さ

脱毛を受けるには効果の高さを半信半疑に感じる人も多いはずですが、医療機器を使用して施術を行う医療レーザー脱毛は効果の高い方法となります。エステサロンでも脱毛は行われていますが、医療機関ではありませんので高出力の脱毛機器が使用できない特徴があります。...

more